ホーム > 火山リスト > 火山情報

火山情報 火山情報

霧島山(新燃岳)

2018年6月28日11時0分|火口周辺警報

噴火警戒レベル2 (火口周辺規制)
火口周辺への立入規制等。
◆ 新燃岳では、引き続き小規模な噴火の可能性がありますので、新燃岳火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う大きな噴石及び火砕流に警戒してください。


◆ 新燃岳では、4月以降も噴火が時々発生していますが、大きな噴石の飛散は火口の中心から1100mまで達したのが最大でした。GNSS連続観測では、霧島山を挟む基線で、3月中旬以降、霧島山の深い場所でのマグマの蓄積を示すと考えられる基線の伸びがみられていますが、5月上旬から一部の基線でその伸びは鈍化しています。新燃岳近傍の傾斜計では、6月に入ってから山体膨張を示す顕著な変化は観測されていません。火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は、3月中旬以降1日あたり数百から1000トン程度で経過していましたが、6月1日に1日あたり80トンまで減少しています。このように新燃岳火口へのマグマの供給は低下したものとみられ、2kmを超える範囲に影響を及ぼす噴火が発生する可能性は低くなったと考えられます。一方、新燃岳火口の浅部では活発な地震活動が続いていることなどから、引き続き、弾道を描いて飛散する大きな噴石が新燃岳火口から概ね2kmまで、火砕流が概ね1kmまで達する噴火の可能性があります。


【対象地域】
火口周辺警報:火口周辺警戒(継続)
宮崎県小林市
鹿児島県霧島市
火口周辺警報:火口周辺警戒(解除)→活火山であることに留意
宮崎県高原町
活火山であることに留意(継続)
宮崎県都城市
宮崎県えびの市
弾道を描いて飛散する大きな噴石が新燃岳火口から概ね2kmまで、火砕流が概ね1kmまで達する可能性があります。そのため、新燃岳火口から概ね2kmの範囲では警戒してください。風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。地元自治体等が行う立入規制等にも留意してください。また、地元自治体等が発表する火山ガスの情報にも留意してください。なお、今後の降灰状況次第では、降雨時に土石流が発生する可能性がありますので留意してください。

2018年3月15日11時0分|火口周辺警報

<全文>

2018年3月10日5時5分|火口周辺警報

<全文>

2018年3月1日16時40分|火口周辺警報

<全文>

2017年10月31日14時0分|火口周辺警報

<全文>

2017年10月15日19時0分|火口周辺警報

<全文>

2017年10月11日11時5分|火口周辺警報

<全文>

2017年10月5日23時35分|火口周辺警報

<全文>

2017年5月26日14時0分|噴火予報:警報解除

<全文>

2013年10月22日18時0分|火口周辺警報

<全文>

2012年6月26日18時0分|火口周辺警報

<全文>

2011年3月22日17時0分|火口周辺警報

<全文>

2011年2月1日11時20分|火口周辺警報

<全文>

2011年1月31日1時35分|火口周辺警報

<全文>

2011年1月26日18時0分|火口周辺警報

<全文>

2010年5月6日14時0分|火口周辺警報

<全文>

2010年4月16日11時0分|噴火予報

<全文>

2010年3月30日9時10分|火口周辺警報

<全文>

2008年10月29日11時0分|噴火予報

<全文>