ホーム > 夜空のページ > オリオン座流星群

オリオン座流星群 2017

10月22日(日)午前3時頃の観測がおすすめ!「オリオン座流星群」の特集です。


★ オリオン座流星群って? ★

1.流星群とは?

オリオン座流星群

流星とは、宇宙に浮かぶ小さな塵(チリ)が地球にぶつかるときに発光する現象です。この現象が一群になって現れることを「流星群」と言います。

流星群はある一点を中心に流れ、その一点の近くにある星座の名前を用いて「○○座流星群」と呼ばれています。

2.オリオン座流星群とは?

毎年10月半ばにオリオン座の方向から流れる流星群です。

流れ星の元となるチリの粒を放出している天体(母天体)は、有名なハレー彗星です。

3.特徴は?

オリオン座流星群は秋を代表する流星群であり、毎年安定した数の流れ星を見る事が出来ます。
明るい流れ星が多く、痕(流星痕)を残すこともある、比較的派手な流星群です。

★ 流星を見よう ★

1.いつ?

10月10日(火)〜11月5日(日)にかけて見られます。
☆見ごろは10月22日(日)午前3時頃です。
極大時刻は21日(土)午後8時頃ですが、輻射点が高く昇る22日(日)未明の観測がおすすめです。

2.どの方向?

午前3時頃 南の空
流星はオリオン座の方角だけとは限りませんので、夜空全体を見渡してみてください。

3.どれくらい?

1時間に20個以上!
街の光が届かない所ほど、流れ星が見やすいでしょう。

4.当日の条件

条件はとても良いでしょう!
月明かりの影響がまったくなく、好条件で観測を楽しめそうです。

<オリオン座を見つけよう>

オリオン座を見つけよう

オリオン座は午後11時頃に東の空から昇り、明け方には南に見えます。

見つけるポイントは、お腹にある3つの星(三ツ星)、左上の赤い1等星(ベテルギウス)、右下の青白い1等星(リゲル)です。
オリオン座は、リボンのような形をしていて、初めての人にも見つけやすい星座です。
がんばって探してみてくださいね。

        

<お役立ちグッズ>

・星座早見盤
・方位磁石
・懐中電灯
(まぶしくないよう、赤いセロハンを貼ると良い)
・温かい飲み物
・防寒着
・シート
(寝そべって見る時に便利)など

秋の夜は冷えますので、防寒着を持参して観測に出かけましょう!

オリオン座のお話

オリオンは海神ポセイドンと女神エウリュアレの子供で、強靭な体を持ちながら類い稀な美少年でもあり、優れた狩人として名を馳せていました。 ある日、クレタ島で月の女神アルテミスと出逢ったオリオンは、矢の名手でもあるアルテミスと意気投合し・・・続きを読む

⇒ 星座のお話「オリオン座」

⇒ 夜空のページに戻る

お天気ナビゲータ